ホームヘルパーのやりがい

 将来ホームヘルパーになるために、必死になってホームヘルパーの資格取得に向けての勉強に励んでいる方がいることでしょう。いずれ日本は、超高齢化社会を迎えることになり、ホームヘルパーの資格を取ろうとする方が多く現れることにより、日本を救うことにつながると思うのです。言い換えれば、一人ひとりのホームヘルパーの力が結集することで、不可能を可能にするくらいの力を生成するのではないかと思い、その結集された力が高齢者を始めとした生活上で不自由を強いられている方々に救いの手を差し伸べることにつながるのです。
 お年寄りが好きだからホームヘルパーになろうとする方がいるのではないでしょうか。人によっては、「単にお年寄りが好きなだけで務まるような仕事じゃないんだぞ。お前みたいな軟弱な奴は、すぐ音を上げるのがオチだ」という指摘をするかもしれません。全てのお年寄りが自分の指示通りに従ってくれるとは限らず、お年寄りの中には、ホームヘルパーに対して威圧的な態度を取ることが考えられて、ホームヘルパーが、お年寄りとのコミュニケーションで起こる障害に対応できずに、ホームヘルパーの仕事を辞めてしまうことが無きにしも非ずなのです。いくらお年寄りが好きだからとはいえ、必ずしもホームヘルパーとしてちゃんとした仕事ができるという保証はないものの、その仕事を通してお年寄りとの意思疎通を重ねることで、その仕事の面白みややりがいを見いだしていくことにつながるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です